持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

WEB講演会移行についてのご案内

平素より持田製薬ネットフォーラムをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、ログインシステムとして新たに「medパス」を導入いたしました。
2022年4月1日以降、現アカウントではご利用いただけなくなります。

※medパス未登録の方は、「medパスに新規登録」のうえ、ご視聴をお願いいたします。
※medパス登録済の方は、「medパスでログイン」のうえ、ご視聴をお願いいたします。

フィルグラスチムBS注「モチダ」Clinical Study乳癌患者対象試験(国内第相試験)

発熱性好中球減少症の発現率

発熱性好中球減少症※3の発現率(副次的評価項目)

発熱性好中球減少症は、サイクル1から6を通じて84例中28例(33.3%)に発現した。評価例数が20例以上であったサイクル1~4の発熱性好中球減少症の発現率を比較すると、サイクル1の発現率が最も高値であった。なお、米国臨床腫瘍学会(ASCO)のガイドライン(Smith, T.J. et al.: J Clin Oncol. 24(19),3187-3205(2006))では、エピルビシン等のアントラサイクリン系薬剤を含む乳癌の術後補助療法施行時の発熱性好中球減少症の発現率は3~23.8%、転移性乳癌に対する一次療法施行時では10~34%と報告されている。

  • ※3:好中球絶対数が1,000/mm3未満で発熱(腋窩温で38℃以上)

化学療法サイクル別発熱性好中球減少症の発現率(PPS解析対象)

  • ※4:各サイクルまでに一度でも発現した症例
  • ※5:連日投与