持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

WEB講演会移行についてのご案内

平素より持田製薬ネットフォーラムをご利用いただき誠にありがとうございます。

この度、ログインシステムとして新たに「medパス」を導入いたしました。
2022年4月1日以降、現アカウントではご利用いただけなくなります。

※medパス未登録の方は、「medパスに新規登録」のうえ、ご視聴をお願いいたします。
※medパス登録済の方は、「medパスでログイン」のうえ、ご視聴をお願いいたします。

ベセルナクリーム5%Clinical Study国内後期第相試験(用量反応試験)(尖圭コンジローマ)

副次評価項目

疣贅(ゆうぜい)面積減少率(FAS解析対象)

5%群の疣贅(ゆうぜい)面積減少率(中央値)は、治験薬塗布期4週、8週及び16週で、それぞれ78.6%、88.1%及び100.0%であった。1%群ではそれぞれ45.8%、60.0%及び90.7%、基剤群ではそれぞれ17.2%、40.1%及び51.4%であった。

疣贅(ゆうぜい)面積減少率(中央値)の経時変化

疣贅(ゆうぜい)完全消失までの時間(FAS解析対象)

完全消失例における疣贅(ゆうぜい)完全消失までの時間の中央値は、5%群、1%群及び基剤群で、それぞれ8.1週、8.0週及び11.1週であった。

疣贅(ゆうぜい)面積の部分消失率(FAS解析対象)

疣贅(ゆうぜい)面積が、治験薬塗布開始前と比べ減少(疣贅(ゆうぜい)面積減少率>0%)した部分消失率は、5%群、1%群及び基剤群で、それぞれ96.4%(53/55例)、77.2%(44/57例)及び64.2%(34/53例)であった。なお、塗布開始前と比べ疣贅(ゆうぜい)面積の部分消失率が90%を超える減少が見られたのは、5%群、1%群及び基剤群で、それぞれ76.4%(42/55例)、50.9%(29/57例)及び39.6%(21/53例)であった。

疣贅(ゆうぜい)面積の部分消失率

ベセルナクリーム5%の〔用法・用量〕(抜粋)

【用法・用量】

  • 尖圭コンジローマ(外性器又は肛門周囲に限る)
    疣贅(ゆうぜい)部位に適量を1日1回、週3回、就寝前に塗布する。塗布後はそのままの状態を保ち、起床後に塗布した薬剤を石鹸を用い、水又は温水で洗い流す。