持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員の方

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

新規会員登録はこちら

※外部サイトへ移動します
medパスのご紹介はこちら

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

トレプロスト®注射液Support持続皮下投与

注射部位疼痛対策

注射部位疼痛と疼痛対策

本剤は皮下投与が可能なプロスタサイクリン誘導体であり、持続皮下投与を選択することで、従来のプロスタサイクリン注射療法に必要であった中心静脈カテーテルの留置が不要となります。このことによって、PAH患者のQOLが向上するばかりではなく、中心静脈カテーテル留置に伴う血流感染等のリスクを根本的に解決することができます。
しかし、国内の臨床試験で本剤の持続皮下投与を受けた症例(31例)の全例に注射部位疼痛や注射部位反応(紅斑、腫脹、熱感、硬結、瘙痒感など)が発現しました。NSAIDs内服・外用、ステロイド(局所)、局所麻酔剤、クーリング/ヒーティングなどの処置が行われましたが、13例(41.9%)が持続静脈内投与へ投与経路を変更し、4例(12.9%)が注射部位疼痛や注射部位反応のために投与を中止しました。なお、本剤の持続皮下投与を1年以上継続した症例は、4例(12.9%)でした。

国内臨床試験における注射部位疼痛及び注射部位反応の発現状況(投与12週)

これまでのところ、本剤の注射部位疼痛に関しては、発現機序は明らかになっておらず、個人の感受性が大きく影響し、患者ごとに有効な対策が異なると考えられます。以下に、実際に海外で行われている処置を紹介します。

注射部位疼痛及び注射部位反応について

本剤の持続皮下投与で最も多く発現する副作用は注射部位疼痛や注射部位反応(紅斑、腫脹、熱感、硬結、瘙痒感など)です。注射部位疼痛はしばしば重度となり、疼痛対策を必要としたり、投与の中止を余儀なくされることがあります。本剤の持続皮下投与を継続していくには、下記事項を十分に理解してもらい、患者ごとに適した有効な対策を模索していくことが重要です。また、患者の不安や恐怖を和らげたり、薬剤処置などによる疼痛管理を手助けするために、心理的なサポートを継続していくことが大切です。

  • 注射部位疼痛は個人によっても、また、注射部位によっても異なります。注射部位は、個人によって、注射に適した部位と、痛みを鋭敏に感じるような注射に適さない部位があります。
  • 新たな部位に注射を開始してから2~5日が最も強く疼痛を感じ、その後は和らぐという報告があります。
  • 注射部位疼痛と本剤の投与速度に関連がないという報告があります。

注射部位の選択

  • 初めて持続皮下投与を行う場合は、自己投与が容易で、注射部位の観察や外用薬の投与がし易い腹部に投与してください。
  • 次の部位にも投与が可能です。
    臀部上部
    下部側腹部
    上腕背部
    大腿部
  • 神経走行部位、発赤、硬結、挫傷、線条、瘢痕、浮腫、結節、ベルトライン等の部位への投与は避けてください。

対症療法

  • プライミング後に針に付いた薬剤を取り除いてから刺入します。
  • ドライカテーテル法(薬液を投与する24~48時間前に予め空のカテーテルを刺入する)を行います。
    ドライカテーテル法は注射に適さない部位が分かる一つの方法です。
  • 注射している部位が注射に適さない部位であると感じたらすぐに留置針を抜き、注射部位を変更します。
  • 留置針の交換回数を最小限(3~8週ごと)にします。
  • 注射部位を臀部上部や上腕背部へ変更します。
  • 単位時間当たりの注射量を少なくするため、より高濃度の製剤に変更します。
  • 医療従事者、患者同士、家族等によるコミュニケーション、サポートを行います。