持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員の方

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

新規会員登録はこちら

※外部サイトへ移動します
medパスのご紹介はこちら

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

<効能又は効果>肺動脈性肺高血圧症(WHO機能分類クラス及び

Information

  • 開発の経緯

    トレプロスト®は、プロスタサイクリンの化学構造を改変することにより、室温下での溶液安定性を改善した静脈内投与及び皮下投与が可能な注射剤です。

    もっと見る
  • 製品特性

    トレプロスト®の5つの特徴をご紹介します。

    もっと見る
  • 作用機序

    トレプロスト®は、血管拡張作用、血小板凝集抑制作用、平滑筋細胞の増殖抑制作用といった複数の作用機序を介して肺動脈性肺高血圧症の病態を改善することが期待されます。

    もっと見る
  • 薬物動態

    トレプロスト®の持続皮下投与時及び持続静脈内投与時の血漿中濃度、相互作用に関する試験成績をご紹介します。

    もっと見る
  • 製品管理に関する情報

    トレプロスト®の製剤学的事項、取扱い上の注意、包装についてご紹介します。

    もっと見る
  • 安全性

    肺動脈性肺高血圧症患者を対象として、承認時までに国内及び海外で実施された皮下投与時又は静脈内投与時の臨床試験における副作用の発現状況をお示しします。

    もっと見る

Support

  • 持続静脈内投与

    投与量計算シミュレーター

    トレプロスト®の投与速度、体重、目安の投与流量から、希釈濃度、注射液と希釈液の量、実際の投与流量を算出します。

    投与時の注意

    調製時及び投与時の注意事項をご紹介します。

    用法・用量

    用量設定及び用法・用量に関連する使用上の注意をご紹介します。

    投与方法

    希釈濃度及び注射液量の計算、薬液の調製方法についてご紹介します。

    在宅治療への移行

    入院治療と在宅治療の相違点、在宅治療移行への期間と目安、流れをご紹介します。

    在宅での使用方法

    在宅持続静脈内投与療法の手順及び注意点、用意する薬剤と用具、廃棄方法についてご紹介します。

    感染予防

    在宅持続静脈内投与療法を行う際の中心静脈カテーテル関連の感染予防についてご紹介します。

  • 持続皮下投与

    投与量計算シミュレーター

    トレプロスト®の投与速度、体重から、皮下投与療法用ポンプの投与流量、72時間で必要となる注射液量を算出します。

    投与時の注意

    調製時及び投与時の注意事項をご紹介します。

    用法・用量

    用量設定及び用法・用量に関連する使用上の注意をご紹介します。

    投与方法

    投与流量の計算、薬液の調製方法についてご紹介します。

    在宅治療への移行

    入院治療と在宅治療の相違点、在宅治療移行への期間と目安、流れをご紹介します。

    在宅での使用方法

    在宅持続皮下投与療法の手順及び注意点、用意する薬剤と用具、廃棄方法についてご紹介します。

    注射部位疼痛対策

    持続皮下投与療法で起こりうる注射部位疼痛と疼痛対策についてご紹介します。

Clinical Study

  • 国内第/相追加試験(静脈内投与試験)

    試験の概要
    6分間歩行距離

    トレプロスト®を12週間持続静脈内投与した際の6分間歩行距離の推移を検討しました。

    血行動態パラメータ

    トレプロスト®を12週間持続静脈内投与した際の肺血管抵抗係数の推移を検討しました。

    安全性

    トレプロスト®を12週間持続静脈内投与した際の有害事象及び副作用の発現状況をお示しします。

  • 国内第/相試験(エポプロステノール未使用例を
    対象とした試験:皮下投与又は静脈内投与試験)

    試験の概要
    6分間歩行距離

    トレプロスト®を12週間持続皮下又は静脈内投与した際の6分間歩行距離の推移を検討しました。

    血行動態パラメータ

    トレプロスト®を12週間持続皮下又は静脈内投与した際の心係数及び平均肺動脈圧及び肺血管抵抗係数の推移を検討しました。

    安全性

    トレプロスト®を12週間持続皮下又は静脈内投与した際の有害事象及び副作用の発現状況をお示しします。

  • 国内第/相試験(エポプロステノールからの切替え例を
    対象とした試験:皮下投与又は静脈内投与試験)

    試験の概要
    6分間歩行距離

    エポプロステノールからトレプロスト®に切替えて持続皮下又は静脈内投与した際の6分間歩行距離の推移を検討しました。

    血行動態パラメータ

    エポプロステノールからトレプロスト®に切替えて持続皮下又は静脈内投与した際の心係数及び平均肺動脈圧及び肺血管抵抗係数の推移を検討しました。

    安全性

    エポプロステノールからトレプロスト®に切替えて持続皮下又は静脈内投与した際の有害事象及び副作用の発現状況をお示しします。

  • 長期投与試験(本データは2012年1月時点のもの)

    試験の概要
    6分間歩行距離

    トレプロスト®の持続皮下又は静脈内投与を長期継続した際の6分間歩行距離の推移を検討しました。

    血行動態パラメータ

    トレプロスト®の持続皮下又は静脈内投与を長期継続した際の心係数及び平均肺動脈圧及び肺血管抵抗係数の推移を検討しました。

    安全性

    トレプロスト®の持続皮下又は静脈内投与を長期継続した際の有害事象及び副作用の発現状況をお示しします。

  • 海外第相試験の2試験(プラセボ対照皮下投与試験)
    併合解析(海外データ)

    試験の概要
    呼吸困難-疲労度評定

    トレプロスト®またはプラセボを12週間持続皮下投与した際の呼吸困難-疲労度評定のスコア変化量を比較しました。

    PAHの徴候・症状

    トレプロスト®またはプラセボを12週間持続皮下投与した際のPAHの徴候及び症状スコアの変化量を比較しました。

    安全性

    トレプロスト®またはプラセボを12週間持続皮下投与した際の有害事象及び副作用の発現状況をお示しします。

Useful

疾患に関するコンテンツ

  • 循環器領域

    肺高血圧症

    医療関連情報

    サイト

    患者向け

    肺高血圧症情報サイト
    「どんな病気?肺高血圧症」

    国の定める難病に指定されている肺高血圧症の症状などについて紹介した情報サイトです。

    もっと見る

患者向け資材

  • 医療関連情報

    患者向け

    各種資材

    患者様向けの各種資材をご紹介しています。ご入り用の際は、弊社医薬情報担当者(MR)にお申し付けください。

    もっと見る