持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員の方

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

新規会員登録はこちら

※外部サイトへ移動します
medパスのご紹介はこちら

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

エパデールInformation

薬理作用

エパデールの薬理作用

動脈の弾力性保持作用

動脈硬化モデルにおけるPWV及び動脈の中膜障害に対する作用(非臨床試験成績:ウサギ)

※PWV〔Pulse Wave Velocity:(大動脈)脈波速度〕
大動脈の平均の動脈硬化度を示す指標で、大動脈起始部から大腿動脈まで脈波が伝播する速度である。値が大きいほど、動脈硬化は進んでいることを示す。

試験方法

ウサギに、動脈硬化食(高α化デンプン、高塩分、低蛋白食)100g/日+ノルアドレナリン(アラビアゴムとのカクテル、3mg/日)筋注負荷を行い実験的動脈硬化モデルを作成した。この硬化負荷群と普通食群、及び投与群(硬化負荷+イコサペント酸エチル300mg/日、連日経口投与)それぞれ各10羽について、1ヵ月ごとにPWVを測定、実験開始150日後に胸部大動脈第5肋間部を摘出し、病理組織学的検討を行った。

【結果】⊿PWVの増大を有意に抑制した。動脈の中膜の病理組織像は下図のとおりだった。

  • 荒井一歩 他, 動脈硬化 1995;22:759-767
  • [利益相反]本試験は持田製薬株式会社の支援により行われた。

大動脈の伸展性に対する作用(非臨床試験成績:ウサギ)

試験方法

1%コレステロール食飼育ウサギにイコサペント酸エチル30mg/kg/日を12週間経口投与し、摘出大動脈へ緩衝液注入開始後の各内圧における緩衝液量を内圧0mmHg時の液量(V0)の倍数として求め、その圧量曲線から伸展性を検討した。

【結果】イコサペント酸エチルは摘出大動脈の伸展性の低下を有意に抑制した。

  • 溝田雅洋 他, 日薬理誌 1988;91:255-266
  • [利益相反]著者は持田製薬株式会社の社員である。

血清脂質低下作用

リポ蛋白代謝に対する作用(非臨床試験成績:ラット)

試験方法

ラットに高コレステロール負荷とともにイコサペント酸エチル1,000mg/kg/日を4週間経口投与し、血清リポ蛋白画分を採取後、無処置のラットに静注した。高コレステロール負荷イコサペント酸エチル非投与群の血清リポ蛋白画分を同様に静注し、これらのラットの血清コレステロール濃度を投与1分後を100として経時的に測定し比較した。

【結果】イコサペント酸エチルはリポ蛋白の代謝を有意に促進した。

  • Mizuguchi K. et al. Eur J Pharmacol 1993;231:121-127
  • [利益相反]著者は持田製薬株式会社の社員である。

血小板凝集抑制作用

血小板膜リン脂質中のEPA/AA比、TXB2産生量、血小板凝集率に対する作用(非臨床試験成績:ウサギ)

試験方法

ウサギにイコサペント酸エチル30または300mg/kg/日を4週間経口投与し、血小板膜リン脂質中のEPA/AA比をガスクロマトグラフィーにより測定した。また、調製したPRP(多血小板血漿)にコラーゲン6μg/mLを添加し、TXB2産生量及び血小板凝集率を測定した。

AA:アラキドン酸、TXB2:トロンボキサンB2(TXA2の代謝物)

【結果】血小板膜リン脂質中のEPA/AA比は有意に上昇した。TXB2産生量は有意に低下した。イコサペント酸エチル300mg/kg/日投与群において、血小板凝集率は有意に抑制された。

  • Sato M. et al. Biol. Pharm. Bull. 1993;16:362-367
  • [利益相反]著者は持田製薬株式会社の社員である。

血小板電顕像(非臨床試験成績:in vitro

試験方法

PRP(多血小板血漿)にEPA500μMを添加し、3分後にアラキドン酸100μMを添加した。5分後、血小板の凝集像を電子顕微鏡で観察した。

【結果】EPA添加によるウサギ血小板の凝集能の変化は下図の通りだった。

  • Sato M. et al. Biol. Pharm. Bull. 1993;16:362-367
  • [利益相反]著者は持田製薬株式会社の社員である。

実験的動脈硬化モデルに対する作用

頸動脈カフ被包モデルの内膜肥厚に対する作用(非臨床試験成績:ウサギ)

試験方法

ポリエチレン製のカフ(内径2mm、長さ15mm)をウサギの頸動脈に装着し、飼育方法(普通食、0.5%コレステロール食)及びイコサペント酸エチル経口投与(600mg/kg/日)の有無によって分けた4群間(各群6羽)において、内膜肥厚に及ぼす影響を比較検討した。イコサペント酸エチルはカフ装着1週間前、各飼料はカフ装着時から与え、装着3週後に頸動脈片を摘出して、それらの横断面切片2~4個について内膜肥厚の測定及び病理組織学的検討を行った。

【結果】頸動脈カフ被包モデルの内膜肥厚を有意に抑制した。

  • コレステロール食モデルにおける内弾性板に囲まれている面積に対する内膜面積の比、及び普通食モデルにおける中膜面積に対する内膜面積の比
  • 岩本俊彦 他, 動脈硬化 1993;21:443-448
  • [利益相反]本試験は持田製薬株式会社の支援により行われた。