持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

持田製薬株式会社

医療関係者向けサイト

ご利用の注意

・このサイトに掲載している情報は、弊社医療用医薬品を適正にご使用いただくためのものであり、広告を目的とするものではありません。

・日本国内の医療関係者(医師、薬剤師等)を対象としております。
 国外の医療関係者、一般の方に対する情報提供を目的としたものではありませんので、ご了承ください。

・このサイトで提供している以外の弊社医療用医薬品の情報をお求めの方は、弊社MR、またはくすり相談窓口までお問い合わせください。

会員限定コンテンツのご利用について

会員の方

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

会員登録されていない方

対象の職種をお選びください。
会員限定コンテンツ以外を
ご利用いただけます。

会員限定コンテンツのご利用には
medパスIDが必要となります。

新規会員登録はこちら

※外部サイトへ移動します
medパスのご紹介はこちら

医療関係者ではない方(コーポレートサイトへ

トレプロスト®注射液Support持続静脈内投与

投与方法

本剤は日局注射用水又は日局生理食塩液で希釈し、外科的に留置された中心静脈カテーテルを介し、フィルターを接続した精密持続点滴装置(シリンジポンプ又は輸液ポンプ)を用いて持続静脈内投与する。まず投与流量を決定し、決定した投与流量(mL/hr)、投与速度(ng/kg/分)及び患者の体重(kg)から、本剤の希釈濃度(mg/mL)を算出する。投与流量の決定にあたっては、精密持続点滴装置の薬液容器の交換まで最大48時間であるため、投与期間が48時間以内になるよう選択する。本剤の希釈濃度は0.004mg/mL以上とすること。

精密持続点滴装置(以下の条件を満たすもの)

  • 閉塞/投与不能、残量、電池の消耗、プログラムエラー及びモーターの機能故障のアラームがあること。
  • 送達精度は±6%より優れること。
  • 陽圧駆動であること。
  • 薬液容器は塩化ビニル、ポリプロピレンあるいはガラス製であること。
  • 約2μL/hr刻みの調節が可能であること(皮下投与のみ)。

薬液の調製~希釈濃度及び注射液量の計算と例示

トレプロスト希釈濃度の計算方法

  • 換算係数0.00006=60分/hr×0.000001mg/ng

算出された本剤の希釈濃度の薬液を、使用する薬液容器サイズに合わせて調製するために必要な本剤注射液の量は、以下の式より算出する。

トレプロスト注射液量の決定及び調製

トレプロスト注射液量の計算例

体重60kgの患者に対し、トレプロスト20mg製剤(注射液濃度1mg/mL)を使用し、投与速度1.25ng/kg/分、投与流量1.1mL/hr、50mLシリンジポンプで投与する場合

参考として、トレプロスト20mg製剤における50mLシリンジポンプ使用時の早見表を以下に示します。

50mLシリンジポンプ使用時の早見表(20mg製剤使用)

表の注射液量(mL)をバイアルから採取し、希釈液と合わせて50mLに希釈する。
さらに、シリンジポンプの投与流量(mL/hr)を表中の値に設定する。

投与流量(mL/hr)

入院治療の手順

投与開始時(体重60kgの患者に、トレプロスト20mg製剤を使用し、投与速度1.25ng/kg/分で投与する場合)

早見表より、体重60kgで投与速度1.25ng/kg/分を投与するには、トレプロスト20mg製剤から0.2mL採取し、投与流量を1.1mL/hrに設定することを確認する。

1. 50mLシリンジを使用し、希釈液から49.8mLを採取します。
2. トレプロスト20mg製剤から0.2mLを採取し、50mLシリンジに注入します。
3. シリンジポンプの投与流量を1.1mL/hrに設定します。